食#2【食べたら治る】そのワケは?

食のこと
香子
香子

こんにちは!赤髪のエステティシャン香子です。
私はヘッドスパボディケアの資格を併せ持つ三刀流で、エイジング世代のケアを得意としています。自身に起きた不調から食を見直し、快調に向かう過程をリアルにお伝えしています。

カラダの不調は美を崩す

不調は体内細胞の疲労で起こり、肌・爪・髪・体の形を変えて気付かせてくれます。これが「容姿を崩す」と言われる不調のサインです。

・美は健康の先にある
・おばあちゃんの言い伝え

具体的なサインは各シリーズごとに記事にしていきますが、簡単に説明すると…

【肌】肌荒れ、茶ぐすみ
【爪】横に入る溝(凹)
【髪】うねり、細毛、ジリジリ毛
【体】コリ、姿勢の歪み、冷え

お心当たりがあれば…

食べたら治る!その根拠

不調の一番の原因は細胞疲労。

細胞に栄養が行き渡れば回復するので、あなたが消化の良い栄養バランスがとれた食事をすることです。
※聞き飽きた言葉ですが結局ココなのです

私たちの体を作っている60,000,000,000,000個[60兆個]の細胞たちが欲する栄養は様々なので、どうしてもバランスの良い食事が求められます。

嫌いな食べ物を好きになれとは言いません。ただし同じ栄養素を持つ別の食べ物を探す努力はすべきです。
※便利なSNS時代。指一本で見つかります!

間違っても添加物まみれの加工食材は避けてください。
添加物は化学合成品なので体には不要な物です。この添加物を分解するために想定外の力が使われ細胞回復が遅れます。

これが美しさは健康の先にある理由です。

細胞を助けるのもまた細胞

細胞が疲れたままだと美しさは戻りません。なぜなら回復順序が決まっていて、肌と髪が一番最後だからです。

毎日体内に入ってくる病原菌や、体内で増殖する病原菌を退治するために細胞回復が急がれます。なぜなら病原菌を退治しているのもまた、細胞だからです。

何よりも先に疲労細胞へ栄養を届けなければ各臓器が弱って病気の危険が出てきます。

さて、細胞が回復したら次に重要なのは病原菌を退治する戦士細胞です。
その細胞は皆さんがご存知の「免疫細胞」。

この免疫細胞のために次は「睡眠が重要」となります。

次回の食#シリーズ

・「寝たら治る」そのワケとは

タイトルとURLをコピーしました