食#12【炊飯器調理】働く女性の救世主!肉じゃが・筑前煮・スペアリブからローストビーフまで

食のこと
香子
香子

こんにちは!赤髪のエステティシャン香子kakoです。

ヘッドスパボディケアの資格を併せ持つ三刀流で、エイジング・シニア世代のトータルケアを得意としています。
美しさと健康は正しい食事から!私のアレルギー体験談も盛りだくさんです!

香子流 炊飯器おかず

炊飯器、誰よりもいい仕事しますよ!
指一本で、メイン料理が完成します!
配偶者よりも使えるお気に入りの相棒です。

肉じゃが&筑前煮

食材を入れる順番?全部一気だよ!
強いて言うなら肉じゃがは熱伝導を考えて人参が底、じゃがいも、たまねぎの上にお肉。一番最後にふんわりのせると硬くなりにくい。
素材はふっくら、味はしみしみなのに煮汁がにごらず和食屋さんの仕上がりです!
もし、こんにゃくを入れる場合は底!入れ忘れた時は釜の周りをふちどって押し込むのがコツ。

筑前煮は適当テキトー。味をしっかりつけたい具材を底にすればいいだけ〜

香子
香子

料理が苦手、好きではないという方も意外に多いですよね。健康のためにはやはり和食は欠かせない。でも大丈夫!筑前煮も料理人級に完成します!味付けは控えめで後から足せばいい!だしパックを丸ごと放り込み、炊き上がってから取り出してもいいんじゃない?


スペアリブ&角煮

スペアリブは無水調理で超〜やわらか!
私は骨付きを使うので、先に鉄のフライパンでお肉の表面に焼き目をつけてから炊飯器に敷き詰めます。フラットにするのがコツ。そして調味料とハーブを入れるだけ。甘味はぜひはちみつにしてください!完成後は骨から身がスルリと外れて食べやすい。

市販のスペアリブの素は使ったことがないのですが、アリかも!

完成したら煮汁を味見して、辛ければ甘みを、甘ければ醤油を追加して保温。全体的に薄ければお肉を取り出して煮汁を煮詰めて調整。

✤味付けがOKならゆで卵を入れて煮卵もできます

香子
香子

私は煮汁でもう一品!
リブだけ取り出し根菜を入れて早炊きコース!
大根/じゃがいも/ごぼう/れんこんが激ウマです


カレーシチュー

私は市販ルーを使わないのでこの調理方法で!
先にカレー用にブレンドされた粉末香辛料と具材を一緒に炒めて香りが出たら炊飯器に全部投入して水を入れます。甘味はジャム。ソースやケチャップ、醤油やコーヒーも入れます。コンソメやブイヨンは不要。炊き上がったら米粉を入れてとろみを調整します。

〈市販ルーの場合〉
具が炊き上がった後にルーを入れ溶かする。ルーを一緒にいれるとマグマのように吹きこぼれるらしい。釜を取り出して直火もOK。取手が溶けるので火加減は注意。

肉じゃが、カレー、シチューは材料が全部一緒!調味料が違うだけ!

香子
香子

具材の旨みが溶け出した味付け前のスープは甘くて香り高く本当に美味しい!
・小鍋に分けてウインナーを入れたらポトフ
・春雨を入れてヘルシー中華スープ
・ハンバーグを入れてリッチなスープ
化学調味料を減らすためにもぜひ挑戦してください!

※私は加工肉を食べないのでポトフは作りませんが、イメージしやすいので記載しました

次回食#13は『カンタンローストビーフ』です

タイトルとURLをコピーしました