肌#63【ダーマペン/11】吹出物や血管拡張には?使えない所とは?

肌のこと
香子
香子

こんにちは!赤髪のエステティシャン香子kakoです。

私はヘッドスパボディケアの資格を併せ持つ三刀流で、エイジング世代・シニア世代のトータルケアを得意としています。加齢を最大限ゆるやかに導く肌土台ケアを大切にしています。

ダーマペン、危険度が見えてきた

肌が強い私にしてみればただの実験ですが、それを記事にしていくことで危険度やエステティシャン目線での注意点が見えてきました。

いかがですか?ダーマペンシリーズ。
私のグロい無修正顔画像もなかなかリアルでしょ。

このダーマペン、善にも悪にもなりそうです。私のようにならないためにもうまく使って美肌に導いてくださいね!それが願いです。

使えない所

【使えない所】
※ニキビとトラブルの部位
・・・メーカー説明

かこ
かこ

エステティシャンとして私の個人的見解

・吹出物
・血管拡張部位
・赤ら顔

この3つの部位について、ダーマペンの使用は適切なのかを私の個人的見解で下記にまとめました。

未熟者ではありますが、今までの経験上からお伝えします。批判、同感はお任せします。

・吹出物

・血管拡張

・赤ら顔

吹出物について

【絶対条件の元ならOK】40代、50代の吹出物原因は、食べ物によることが多い。半世紀も生きてきたのだから、ストレス性の可能性は低い。それに皮脂分泌や菌の増殖によるニキビ年齢は、とっくに終わっている。

【試してみる価値は大いにある】メーカーは禁止でも私は推奨します。でも絶対条件があります。それは吹出物がピークを超えていたらOKというもの。潰れる直前か、潰れた後なら、回復を早めるために有効です。ただし、シリコンチップは使い捨てで衛生面から見るとリフィルを用意してからが無難です。

血管拡張について

【ダメ!絶対にダメ!】毛細血管が見える所にダーマペンの傷をつけないで!

血管拡張の原因は「遺伝」で片付けられることが多く、それが私には疑問。

【遺伝以外の原因】紫外線や太陽光に弱い肌質/アルコール摂取/辛い食べ物/カフェイン摂取/スキンケア刺激があります。

本当に遺伝なのか見極めるべきだと思います。遺伝で片付けてしまうと、努力しなくなり、それを言い訳とします。つまり肌レベルが上がらない。本当は美肌の持ち主なのでは?

赤ら顔について

【正常肌に戻すまではダメ!その後OK】
ダーマペンを使う前に基礎化粧品を変えること!頬を中心に、顔全体に赤みが出ている方です。24時間365日、顔が赤いままというのは慢性炎症です。肌が泣いている…。基礎化粧品が肌質に合っていない!これはほぼ言い切れます。赤ら顔を先に治しましょう!

決して皮膚科へ行ってはいけません。病院へ行くと「治療」になり、おそらくステロイドが処方され悪化します。悪化してきた方をたくさん見てきたので、もうあのような辛い肌になる方を増やしたくない。

ヘアサロンにも赤ら顔で入社してくるスタッフが多くて驚きます。本人はそれが普通であり、自分の肌質だと思い込んでいることに悲しくなります。だから入社後は「エステシモ」に変えてもらいます。3ヶ月かからず全員!今まで全員が赤ら顔を卒業しました!

ダーマペン、注意点のおさらい

「血は出ません!」
➤使用圧が間違っています

「針は短い!」
0.2㎜〜0.3㎜なので毛細血管に届きません

「針は細い!」
人毛の1/1000!直径0.1〜0.25
➤針の先端は100nm・・・0.0001㎜のこと

2023.11.27の肌#53からシリーズで記事にしています

↓〈使用動画を貼り付けました〉↓
※消されていたらごめんなさい

・タップで説明動画に変わります①

・タップでYouTubeに変わります②

ダーマペンは胡蝶庵で購入できます


ご予約・お問い合わせはこちらから
タップ&クリックで画面が変わります

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
タイトルとURLをコピーしました