体#25【香料ミックスアレルギー】化粧品編1/2

体のこと
香子
香子

こんにちは!赤髪のエステティシャン香子kakoです。

ヘッドスパボディケアの資格を併せ持つ三刀流で、エイジング・シニア世代のトータルケアを得意としています。美しさはまず健康な体があってこそ!疲れない体のケアを大切にしています。

香料ミックス

2022年、2月。
金属アレルギー検査を受けて予想外に判明した香料ミックスアレルギー

香料ミックスとは人工香料です。

検査項目22種類の中から確定した4つのアレルギー

・ジアミン/ヘアカラー染料
・香料ミックス
・コバルト/金属
・金/金属
※強い順

香料ミックスは
食品/キャンドル/香水/化粧品/塗り薬/石鹸/トイレットペーパーなどの日常生活のほとんどの物に使用されていることがわかりました。

・飲食物

・リラク系

・日用品

私のようにそのベース香料にアレルギーがある場合、最早、すべてが凶器で兵器です!

怖がっていてもどうにもならん!
回避しながらプラス解釈に切り替えるしかない!

偽物に気付けて本物に辿り着くというメリットを活かそう!

香料ミックスアレルギーの原因物質
・α-アミルシンナムアルデヒド
・イソオイゲノール
・ケイ皮アルデヒド
・オイゲノール
・ケイ皮アルコール
・ヒドロキシシトロネラール
・ゲラニオール
・オークモス

成分を聞かされても
わからんし!
知らんし!
どうにもならんし!

ちょっと不気味ですが…
私は昔から「あ!これダメだ」という負の直感を持っているので被害は最小限で済んでいますが、それでも時間とお金を投資してきました。

発症のきっかけは浮気

たった一度の浮気でアレルギーが発症し、改めて大切なことに気付かされました。

安心と安全を買うこと、安心と安全を売る(提供)こと!!!


エステティシャンになってから、勉強のために毎年通っている日本最大級の国際美容見本市/ビューティワールドジャパン〈略BWJ〉という展示会があります。

・東京ビッグサイト1−8ホールの大規模

・3日間開催/800社の出展

日本では東京、大阪、福岡、名古屋の4都市開催があり、東京&大阪に足を運ぶ私はいつも大行列と売切続出の商品があることに気付きました。

そんなにもイイものなのか?と横目で数年間、観察。
そんなにも人気なら一度試してみようかと2年前に購入。

購入したそれは『マッサージオイル』です。

施術してみたところ、軽くて伸びがよく扱いやすいではありませんか!スルスルとマッサージがはかどります!

たった一度の浮気の代償

このたった一度の浮気で発症するなんて!
マッサージオイルで発症するなんて!


私も一応、長く生きているんでね…
色々と失敗経験はあるんでね…
価格が安すぎて怪しかったのでね…

警戒価格のせいか第六感が働き、皮膚が厚い背中と足だけにしたのは正解でした。

ボディマッサージ施術は技術者として快適でしたが、気になったのは拭き取り後のすっきり感が無く、保湿とはいえないひと膜残る違和感

これはオイルの性質だと思いますが『残留』だととらえた方がいい。

そもそも、エステシモ☆一択

私はそもそもパートナーシップ契約を結ぶ美容メーカーのパイオニア、タカラベルモント社のエステシモブランドしか使いません。

エステシモは製品に込めた想い、肌が自ら育つ最新成分の配合、常に時代を一歩先ゆく製造方法、女性を癒し健康に導くシステム、環境にも着目した容器など、すべてに安全があります。

そしてパートナー契約締結後は定期的な勉強会や臨店サポート、スタッフ教育、最新情報など安心が常にセットです。

ヘアケア

スキンケア

✤基礎化粧品
✤インバス商品(お風呂の中で使うシャンプー類)
✤アウトバス商品(お風呂上がりや朝のスタイリングで使う物)
は、お客様トラブルもゼロですし、不安要素・疑問点は研究所があるためすぐに対応してもらえます。

この環境が当たり前でした。
作り手の顔が見える距離感。

当たり前って怖いなぁ


私の症状
腕と手の甲にかゆみがが出て、一度起こると数日間続き睡眠中もかきむしり続けるというもので、「かゆみ=マッサージオイル」とは結びつかず、3ヶ月ほどは地獄でした。

手の甲って??

かこ
かこ

指の関節のシワの所!
このシワの溝に残留して
耐えられないかゆみが継続する恐怖!

➤エステシモは浸透してサラサラしますから残留感はありません。

※幸い該当顧客さまに肌トラブルは無く安堵

確信的に二度目の浮気を実行

気のせいかもしれないと別メーカーで再度浮気。

あかんね、やっぱり安価なマッサージオイルは湿疹が出ます。
おそらく香料ミックスが原因で間違いないと思います。

怖いのによぉやったなぁ…
チャレンジャーやな…

オイルの可能性もあるのでは?って
その通りです!
安価なマッサージオイルは「ミネラルオイル」という名の「石油から抽出された鉱物油」なのでありえます。

原料臭を消すための香料配合となるのは間違いない!

かこ
かこ

ミネラルオイル以外の選択肢があるなら危険要素は取り除くべき

値段が少し上がると一般的な保湿重視の無害な油となります。

よく聞く安全性の高いオイル
・ホホバオイルは植物の種
・スクワランオイルは深海鮫の肝臓

高額になると植物油ランクが上がり、効能効果がうたえる植物抽で、天然のエッセンシャルオイル配合となります。

かこ
かこ

若い世代は合成人工香料を「イイ匂い」と言い、
天然の香りは「クサイ」という感覚だそうです。
なんだか複雑です…本物の価値はいずこへ?

・かゆみが出る物
・浸透しにくいオイル
私の中ではニセモノ認定です。

そしてこれらは安過ぎます。
一概にはいえませんが…やはりお値段と容量で「やっぱりな…」という結果になります。

何はともあれ私がダメなものは使わない。

お客さまにトラブルがなくても女性はホルモン変化による体調の波があるため、不安なことはいたしません。

苦手はアレルギーのスタートかも

今思えばOL時代に大流行したブランドの香水は息が詰まりそうで苦手でした。人工的な香りには違和感を感じます。

仕事で使う天然アロマオイルの香りは馴染みやすく、良い香りで癒されますが施術後は肌にも部屋にも残りません。

しかし今回の検査で、線香やお香にも香料ミックスが使われていると医師から説明を受け、納得したことがあります。

雑貨屋さんで買ったお香は2度目を使うことなくずっと放置して最終的に捨てることになりますが、江戸時代から続く香木店さんで買うお香はずっと使っており、サロンの香りとして季節ごとに使い続けています。

胡蝶庵の立地は京都御所に400mとほど近く、老舗店舗さんがたくさんあります。幸いにもサロンは京都御所のすぐ近くにあるためホンモノが多い地域です。

その中に江戸時代から続く香木店さんがあり季節のお香を選びに行きサロンで焚いています。

例えアレルギーがあっても「香りの大切さ」はわかっています。
お客さまをお迎えするにあたり、非日常空間の演出はとても大事です。

香りはとても重要。本物を見極める。ただそれだけのこと。

タイトルとURLをコピーしました