髪#2【髪は死んでいる】死滅細胞って知ってる?

髪・頭皮のこと

こんにちは!赤髪のエステティシャン香子kakoです。
私はヘッドスパボディケアの資格を併せ持つ三刀流で、エイジング世代のケアを得意としています。このブログでは美容師ではないスパニスト目線から髪のリアル情報をお伝えしています。

髪は「死滅細胞」

髪は生きている!と勘違いしていませんか?

切っても血は出ないし、200度を超えるヘアアイロンの熱も平気でしょ?痛くもないし、熱くもないのは死んでいるからです!

髪の役割とは?

そもそも髪は「体内に入った毒素を排出する」ために生えています。

「毒素って何?」
「毒なんて食べてない!」と、私も思っていた一人です。

今を生きる私たちの食材は、国産でも輸入食材でも戦争で汚染された土壌から作られたもので、毒素が体内に入るのは防げないそうです。

汚染された土壌から育つ野菜を食べ、それらをエサとして育つ家畜を食べている以上、仕方がないのです。

それだけではありません。

雨で土壌から海に流れ込んだ汚染物質の中で育つ魚介類を食べる以上、海で核実験が繰り返し行われている以上、体内に毒素が入るのは避けられないのです。

戦争や核実験で世界中の土壌と海が汚れてしまっているのです。もう世界ではなく地球規模の話ですね。

だけど怖がっていても仕方がない。

・だから髪があるんだ!
・だから体毛があるんだ!
・だから髪を絶やしてはいけない!

そう考えると毒素を排出してくれる髪って

だからオシャレが楽しめる!

ありがたいことに髪が死滅細胞だからこそ私たちはオシャレが楽しめるのです!

・切ったり➤ヘアカット
・焼いたり➤アイロン
・形を変えたり➤パーマ
・色を塗り替えたり➤ヘアカラー

ただし、忘れてはいけないことがあります。

オシャレ行為は髪にとってすべてダメージ行為です。

死んでいるから助けて!とも、もうやめて!とも、熱い!とも、痛い!とも言えないのをいいことに、薬剤やハサミ、熱でめったうちにして放置していませんか?

死滅細胞だからこそ回復することはなく「限界」があります。
きちんとお手当しましょう!

髪の限界を回避する方法

サロンケア ➤髪の国家資格を持つプロに任せる
ホームケア ➤プロが選んだアイテムで維持させる


かなり貴重な情報源

美容師の配偶者は『毛髪診断士資格』を持つ超マニアック。
毛髪診断士は美容師の中でもわずか数%なので、世間一般の美容師よりは詳しい

すべてはお客さまの美髪のため、毎日が心躍るように辿り着いたケアがあります。

一時、パーマがムラになったり、ストレートパーマが伸びにくくなったり、ヘアカラーの発色ムラが起こったり、おかしな現象が起こっていたのを真横で長い間、見ていました。

薬剤を変えたり、メーカーさんに相談したり、技術を変えてみたり本当に試行錯誤してとても悩んでいました。スタッフたちも同じです。思い通りにならないことは技術者として大きなストレスですからね、わかります…。

そしてようやく原因に辿り着きました!
言っていいのかな?
言うしか無いよね?
美容師の技術のせいじゃなかったんだから事実を伝えるべきですよね…

原因は…

・CMでよく見る市販シャンプーとトリートメントをお使いの方が9割
・サロンシャンプーをお使いでも服用薬がある方
ヘアアイロン(カール&ストレート)を頻繁にお使いの方

どうなっていたか?のイメージは…
真夏なのに毛皮を着ている状態の髪になっていた!ってことです。
脱がせて素髪に施術しようね!って感じかな?

もう大丈夫!
解決方法をメニュー化できましたから!
胡蝶庵のメニューページをご案内しておきますね

タイトルとURLをコピーしました