肌#98【カルボニル化】老化原因のひとつ/後編

肌のこと

カルボニル化とは

肌が年齢とともにダメージを受けて、くすんで見えることを言います。ひとことで言うと「加齢」ですが、いくつかある原因の中のひとつに過ぎません。

他の原因には、日焼け糖化乾燥血行不良があります。嫌というほどわかりきっている原因ですよね。

    ただし、カルボニル化と糖化はタンパク質の変性が引き起こすもので、避けられない化学反応です。そこへ加齢による回復スピードの低下が重なります。

    肌の1/3がタンパク質である以上、見なかったことにはできません。ケアの見直しや強化を始めた方が良さそうでうす。

    若い時は、自力でリセットできていたんですけどね…もう追いつかなくなってきます。つまり、予防対策を丁寧に続けることで回避しましょう。

    タンパク変性は、紫外線、大気汚染物質、煙草の煙、炎症、過度な運動、代謝により発生する活性酸素が原因だと解明されています。

    肌の見た目変化

    カルボニル化が進んだ肌は、以下のように変化します。

    • くすみ:透明感がなくなり、暗く見えるる
    • ハリの低下:肌がたるんで見える
    • シワやシミ:目立つようになる

    このタンパク変性=くすみはどこで起こっているか知っておくといいですよ!

    エイジング世代は「土台美容」ですよ!

    カルボニル化の対策方法

    この3つの対策でカルボニル化を最小限に抑え、美しい肌を維持しましょう!

    1. 抗酸化成分を含む食品を摂る
      • ビタミンCやビタミンEを多く含む食品を摂る
        ※柑橘類、ナッツ、緑黄色野菜など
        (注)一度に大量摂取✕、毎日コツコツ◯
    2. 適切なスキンケア
      • UV対策をしっかり行う
      • クレンジングは正しく、やさしく行う
      • 保湿クリームや美容液も怠らないこと
        (注)摩擦✕
    3. 生活習慣の改善
      • 十分な睡眠と、適度な運動で代謝を上げる
      • ストレスを溜めないようにする

    エイジング世代は「土台美容」ですよ!
    ちょっとしつこかった?(笑)

    厚化粧の危険性

    エイジング世代は「土台美容」と「引き算メイク」ですよ!

    肌のくすみやにごりを隠すため、お化粧が濃くなっていきます。しかも無意識に!

    エイジング世代にカルボニル化が現れると知っておくと、対策ができます。ありがちな失敗は、ファンデーションの色をトーンダウンさせてしまうことや、チークを濃くしたり、その面積を広げてしまうことです。しかも無意識に!

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: heavy-makeup--800x450.jpg

    ここはぜひ、化粧品を買い替える前に、フェイシャルケアで自分の素肌確認を強くお勧めします。根本的な解決方法は肌土台にあります。無駄に化粧品を買う方が高くつきますよ。

    黒くなった屋外汚れも、高圧洗浄機で新築のように蘇りますよね?顔だって同じですよ。大掃除をしない顔が、キレイになるわけがない!

    案外、角質肥厚をしていただけ!なんてことも十分ありえます。

    カルボニル化は、化粧で隠さず、肌のくすみを洗い流して予防するものです。


    ご予約・お問い合わせはこちらから
    タップ&クリックで画面が変わります

    タイトルとURLをコピーしました